カテゴリー: インターネットの話題

フェイスブックに関するコラム

「フェイスブックの利用者は世界で10億人に達した。世界人口の7分の1に相当するなど、にわかには想像できないほどの数だ。世界中全ての人がインターネットにアクセスできるわけでもない。10億人という数字は、今年初め時点の推計ネット利用者のほぼ半数に当たる。」・・・以下続く

上記の面白いコラムを見つけましたのでご紹介します。10億人抱えるフェイスブックの綱渡り

ホスティングカンパニーベスト15パート2

昨年7月の順位は1位VALUE-DOMAIN.COM(13.5%)2位DNS.NE.JP(10%)3位XSERVER.JP(8.3%)4位LOLIPOP.JP(7.9%)5位ONAMAE.COM(5.6%)13位CHICAPPA.JP(1.3%)24位CPI.AD.JP(0.6%)だったけれどさて最近の情勢はどうだろうか?
今年5月現在の順位は1位VALUE-DOMAIN.COM(13.5%)2位DNS.NE.JP(10%)3位XSERVER.JP(7.7%)4位LOLIPOP.JP(7.6%)5位ONAMAE.COM(6.8%)6位DNSV.JP(5.6%)7位MUUMUU-DOMAIN.COM(4.6%)8位GMOSERVER.JP(3.5%)9位YAMAGURUMA.COM(3.0%)10位YAHOODOMAINS.JP(2.3%)11位ESTORE.CO.JP(1.2%)12位ABC-SERVER.JP13位(1.1%)13位INTERQ.OR.JP14位(1.1%)14位CHICAPPA.JP(1.0%)15位NAID.JP(0.9%)24位WADAX.NE.JP(0.6%)25位CPI.AD.JP(0.5%)となっています。1位〜5位の順位は不動ですが、Xサーバー、ロリポップが若干シェアを下げているのに対し、お名前.comが少し伸ばした。2位のDNS.NE.JPはご存知さくらインターネットサービス。
日本のトータルドメイン数は5月16日現在2,178,163である。5月9日からの一週間でGain(新たに取得)は23,291。Loss(失っていったもの)は12,997。Netで10,294の増である。まるで人口の増減のようにドメインの増減もあるのですね。人口は徐々に減っていくけれど、ドメイン数はもう少しずつ増えていくんでしょうかね。
あまり関係ないけれどちなみに2010年10月1日現在の日本の人口は、1億2805万6000人です。

yahooとgoogleの検索結果続報

yahooとgoogleの検索結果がほぼ同じになったのは皆さんもうご存知でしょう。昨年11月に引き続き定点観測で検証してみました。前回と同じくGoogle/Yahoo/Bing 順位検索ツール DW230を使用して「ホームページ制作 長野」のキーワードでこのホームページの順位を調べてみました。やっぱり一緒でした。相変わらず味気ないものです。
前回どちらも8位でしたが、今回はどちらも7位でした。長野市のJBNさんが1位でした。長野県内にも色々ホームページを作るところがあるんだなあとあらためて感心します。 クライアントさんのSEOは結構気にするのですが、自分のホームページの検索状況を調べるのはほんとにまれなのですね。そんなものじゃないでしょうか。同業者さんも。
長野県内でホームページを作ろうとかリニューアルしたいなと思ったとき、できれば県内の業者さんにお願いする方が良いと思いますね。いくらネットの世界とはいえ、仕事を順調に進めるためにはやっぱりFace to Faceとかちょっとしたニュアンスを感じるとか大切なことだと思います。
kensaku

yahooとgoogleの検索結果が同じに

上の検索結果は、Google/Yahoo/Bing 順位検索ツール DW230を使用して「ホームページ制作 長野」のキーワードで調べてみた結果です。左右全く同じなのがよくわかります。DW230は検索順位を調べるのに素晴らしいツールです。私も長年愛用していますが、ぜひ皆さんもお使いください。

yahoogoogle

Facebookの疑問点?

前回のフェイスブックの話しの続き。フェイスブックの友達探しは、メールからとか、出身高校、出身大学、会社などからまずは探していかなくてはならない。趣味とか熱心に取り組んでいるところから探していけれればもっと便利で使いやすいと思うのだが。下手すると学閥のソーシャルネットワークになってしまう。仲間探しではtwitterに軍配が上がるのではないだろうか。

googleとFacebookに関して

googleは巨大になった。巨大になりすぎて、今優秀な人材が出て行っているらしい。かつてyahooからその地位を奪い世界に君臨するかに見えるgoogleが。ではどこへ出て行くかというとFacebookらしい。フェイスブックは現時点で世界で最も重要なソーシャルネットワークで、5億人を超えるユーザーが「ソーシャルネットワーク」のなかでつながっているらしい。ツイッターが関連性への窓口なら、フェイスブックはソーシャルウェブへの中心と言えるのだそうだ。facebookのビジネス活用がhttp://www.seojapan.com/blog/facebookのビジネス活用-パート-1に詳しく載っているのでぜひ研究してみてください。

1985年世界で最初に登録されたドメインネームは?ドメインの話しあれこれ

☆1985年3月15日、最初のドメインネームである「symbolics.com」が登録。

http://www.gonbei.jp/guide/history.html

☆VeriSign の発表によれば、2009年に各トップレベル ドメイン (TLD) 全体で登録数が1500万件増加し、

合計で1億9200万件に達したという。

☆ドメイン登録数圧倒的トップはご存知.com

2位にはドイツの.de 3位は.net 日本の.co.jpは21位である。

http://www.domainworldwide.com/

☆汎用JPドメイン名 (合計: 768181 )は属性型・地域型JPドメイン名 (合計: 402784 )の約2倍

 

http://jpinfo.jp/stats/index.html

☆Country-wise Domains Distribution Domain Names by Country of Purchase

(ドメイン名国購入による、国別ドメイン分布)

1位から順に、アメリカ、ドイツ、イギリス、中国、カナダ、フランス、オーストラリアと続き日本は第8位。

さらにスペイン、イタリア、香港、オランダ、トルコ、韓国、インドと続く。

さながらドメインワールドカップである。ただしアメリカの強さは群を抜いている。日本の約40倍。

http://www.webhosting.info/domains/

☆Fastest Growing Domain Registrars (急成長のドメインレジストラ)

成長、トータルともに、GO DADDYが断トツ。成長の3番手には私達もおなじみのOnamae.comが。

http://www.webhosting.info/registrars/

☆トップWebホスティング会社:日本の部を見る。かっこ内はシェア率

1位から順にVALUE-DOMAIN.COM(13.5%)、DNS.NE.JP(10%)、XSERVER.JP(8.3%)、LOLIPOP.JP(7.9%)、ONAMAE.COM(5.6%)、などの順になっている。

10位前後は僅差で激しい戦いのようだ。私の好きなCHICAPPA.JPは第13位でシェア1.3%である。

企業様に比較的おすすめしているCPI.AD.JP(0.6%)は第24位。

アメリカなどは完全に1強状態でWILDWESTDOMAINS.COMがシェア率36.7%となっている。

http://www.webhosting.info/webhosts/

☆日本でのマーケットシェアの分布は

COM、NET、INFO、ORG、BIZの順位で中でもCOMは断トツ。世界的にも同様である。

http://www.webhosting.info/registries/

このレポートは1年もすれば変動がかなりあると思われるので、また第二弾を書きたいと思う。